PR:

日体大駅伝監督に渡辺氏 豊川工高では部員に体罰

 日本体育大は4日、陸上部の別府健至駅伝監督(48)が退任し、後任に東京・日体荏原高教諭の渡辺正昭氏(52)が11日付で就任すると発表した。渡辺氏は愛知・豊川工高を強豪校に育てた実績がある一方、部員への体罰問題が発覚して退職したことがある。

 日体大OBの渡辺氏は1993年に豊川工高の監督となり、男子を2011年まで14年連続で全国高校駅伝出場に導いた。だが13年に部員へ体罰を繰り返したとして懲戒処分を受けた。昨年4月から日体荏原高で駅伝の監督を務めていた。

 日体大は新監督について「選手育成に定評がある。(体罰問題は)十分に反省し再発の恐れがなく、後任を託すことにした」と説明している。

 別府氏は99年に監督になり、13年の箱根駅伝で30年ぶりの優勝をもたらした。昨年は3位だったが今年は15位に低迷した。退任理由は「研究活動に専念する必要性があるため」としている。

[ 2015年3月4日 18:55 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:08月23日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画