PR:

カネボウ・門田浩樹が日本勢最高2位 別大マラソン

 陸上の世界選手権(8月、北京)の代表選考会を兼ねた別府大分毎日マラソンは1日、大分市高崎山うみたまご前~大分市営陸上競技場の42・195キロで行われ、門田浩樹(29=カネボウ)が日本勢最高の2位に入った。ツールデ・エスティファノス(エリトリア)で2時間10分18秒で優勝した。

 レースは25キロ過ぎまで10人を超える先頭集団が引っ張り、30キロで門田、エスティファノスのほか山本浩之(28=コニカミノルタ)、中尾勇生(30=スズキ浜松AC)、吉井賢(31=三菱重工長崎)ら6人の争いに。33キロ過ぎでスパートをかけたエスティファノスを門田が必死で追うも差を詰められず、エスティファノスがトップでゴールテープを切った。

 門田は2時間10分46秒でゴールし、3位には2時間11分48秒で山本が入った。11年世界選手権代表の尾田賢典(34=トヨタ自動車)は13位に終わった。

[ 2015年2月1日 14:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画

      スペシャルコンテンツ