PR:

立命館宇治 伝統校“底力”2位!2年生主将・安藤が力走

4区2.8キロ付近で、立命館宇治の長谷川(左)を抜く大阪薫英女学院の前田梨

女子第26回全国高校駅伝
(12月21日 京都・西京極陸上競技場発着=女子5区間21・0975キロ)
 第1回から26年連続出場、優勝3回を誇る伝統校で地元の立命館宇治(京都)が底力を見せた。4位でタスキを受けた2年生主将の2区・安藤(2年)が区間賞の力走で首位に躍り出た。続く3区で29秒差まで広げたものの、残り2区間で薫英女学院に逆転を許した。荻野由信監督は「若干、向こうの力が上だった。負けたのは悔しいが選手はよく頑張った」と柔和な笑みで、ねぎらった。

 荻野監督の指名で今年5月から主将に就任。1区を走るエースの関(3年)を競技だけに集中させるための措置。その意図を測りかねて戸惑った時期もある。「監督や3年生の力を借りてのチームづくり。周囲の人たちのおかげでここまで来れた」。最後まで主将の責任を果たせたという意識はない。

 最終学年は積極的に自分のカラーを出すつもりだ。「自分でチームを引っ張って優勝したい」。キャプテン2年目の奮闘が始まる。

[ 2014年12月22日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月17日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画