PR:

石田正子15位、小林由貴は49位 スキーW杯距離

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)距離は30日、フィンランドのルカで行われ、女子10キロクラシカルは石田正子(JR北海道)がトップから1分50秒3遅れの27分37秒5で15位だった。小林由貴(岐阜日野自動車)は28分51秒0で49位に終わった。昨季初めて個人総合を制したテレーセ・ヨーハウグ(ノルウェー)が今季初優勝した。

 男子15キロクラシカルで宮沢大志(JR東日本)は49位、清水康平は50位、吉田圭伸(ともに自衛隊)は53位、レンティング陽(アキラ)は54位だった。ソチ冬季五輪の団体スプリント・クラシカルで優勝したリボ・ニスカネン(フィンランド)が35分9秒4でW杯初勝利を挙げた。(共同)

[ 2014年11月30日 22:02 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月17日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画