PR:

“真央不在”日本女子、14季ぶりGPファイナル出場ゼロ

表彰台で笑顔の(右から)3位・宮原、1位・ゴールド、2位・レオノ

フィギュアスケートGPシリーズ第6戦 NHK杯第2日
(11月29日 大阪・なみはやドーム)
 日本女子の伝統が途絶えた。フリーが行われ、宮原知子(16=関大高)が合計179・02点で3位、村上佳菜子(20=中京大)は173・09点で4位止まり。2週間前のロシア杯を制した本郷理華(18=愛知みずほ大瑞穂高)を含め、14季ぶりに日本勢がファイナル進出できなかった。浅田真央(24=中京大)が休養でエース不在の今季、厳しい現実が突きつけられた。

 3位で表彰台を確保した宮原も、4位に終わった村上も表情がさえなかった。宮原は冒頭の3回転ルッツ―3回転トーループの連続ジャンプが3―2回転に。「ジャンプを失敗して、凄くジャンプのことばかり考えてしまった」。村上は3番目のジャンプで跳んだ3回転ループが2回転に。今季から同じ種類の2回転は2度までというルールに変わり、3回転サルコー―2回転ループ―2回転ループが痛恨の0点となり「0点になってしまって一番、悔しい」と唇をかみしめた。

 GPシリーズの上位6選手が争うファイナルは、シーズン前半の世界一決定戦。日本女子は13季連続で出場を続けてきたが、今季は誰も出場権を得られなかった。「ファイナルに出たいという一心でやって、結局駄目ですっごく悔しい」と村上。全日本ジュニア選手権を圧倒的な内容で制した樋口新葉(わかば、13=日本橋女学館中)ら若手有望株はいるが、浅田の休養、鈴木明子の引退でシニアの層の薄さが浮き彫りになった。浅田は来季以降の進退を表明しておらず、待望論が巻き起こるのは必至の情勢だ。

 ▼小林芳子日本スケート連盟フィギュア強化部長(女子について)新しいグループで戦いながら、一つ一つ階段を上がっていくしかない。

[ 2014年11月30日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月17日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画