PR:

錦織が初戦を飾る 奈良は相手が途中棄権で準々決勝に

 テニスのシティ・オープンは30日、米ワシントンで行われ、男子シングルスで世界ランキング11位の第4シード、錦織圭(日清食品)は初戦の2回戦で同63位のサム・クエリー(米国)を6―4、5―7、6―4で下した。3回戦では同91位のルカシュ・ラツコ(スロバキア)と対戦する。

 女子シングルス2回戦で奈良くるみ(安藤証券)はザリナ・ディアス(カザフスタン)に逆転勝ちし、準々決勝に進んだ。3―6、6―2で迎えた第3セット、4―0の第5ゲーム途中で相手が右肘の負傷で棄権した。

 女子ダブルスで第2シードの青山修子(近藤乳業)ガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)組は初戦の準々決勝でイリナ・ファルコニ、ケリー・ウォン(米国)組を6―2、6―2で破り、4強入りした。

 ▼錦織圭の話 全体的に悪くなかった。接戦を制することができて、自信もつく。まだ簡単なミスがあるので、それを減らしていきたい。

 ▼奈良くるみの話 自分のテニスを貫いて、最後は戦意を喪失させられた。第1セットの後半から、踏み込んで打っていこうと切り替えていいプレーができた。(共同)

[ 2014年7月31日 08:54 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月19日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画