PR:

佐藤久佳が現役引退を表明 北京五輪400Mメドレーリレー銅

現役引退を表明した佐藤久佳

 競泳の男子100メートル自由形で日本選手として初めて50秒の壁を破り、2008年北京五輪の400メートルメドレーリレーでは銅メダル獲得に貢献した佐藤久佳(27)が1日、「2年後の五輪を目指す気力が湧かない。悔いはない」と話し、現役引退を表明した。

 所属したミキハウスは6月30日に退社した。今後は未定。北海道出身。日大1年だった05年、日本学生選手権の400メートルリレー予選で第1泳者として49秒73を出し、日本水泳界で悲願だった50秒突破を果たした。「一番思い出に残っている」北京五輪の400メートルメドレーリレーには平泳ぎの北島らと臨み最終泳者を務めた。

[ 2014年7月2日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:02月23日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画