PR:

伊達組は2回戦敗退、日本勢消える 全仏オープン第7日

 テニスの全仏オープン第7日は31日、パリのローランギャロスで行われ、女子ダブルス2回戦でクルム伊達公子(エステティックTBC)バルボラ・ストリコバ(チェコ)組はルーシー・ハラデツカ(チェコ)ミハエラ・クライチェク(オランダ)組に3―6、6―3、3―6で屈し、日本勢は全て敗退した。

 男子シングルス3回戦で昨年準優勝の第5シード、ダビド・フェレール(スペイン)がアンドレアス・セッピ(イタリア)に6―2、7―6、6―3で勝ち、4年連続の16強入り。史上初の5連覇を狙う第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)も登場した。

 女子シングルス3回戦ではスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)が第5シードのペトラ・クビトバ(チェコ)を6―7、6―1、9―7で破り、第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)とともに16強入りした。(共同)

[ 2014年5月31日 22:18 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月18日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画