PR:

湯原信光 東京国際大監督に就任 現役プロ日本初のフルタイム指導

東京国際大ゴルフ部監督に就任する湯原信光プロ(右)とがっちり握手を交わす倉田理事長

 第二の松山を育てる!!国内ツアー通算7勝を挙げ、シニアでも優勝しているプロゴルファーの湯原信光(55)が、7月から東京国際大ゴルフ部の監督に就任することが分かった。レギュラーツアーで優勝経験があり、シニアでも活躍中の現役プロが、フルタイムの監督として学生を指導するのは日本では初めて。特命客員教授として講義も行う予定で、16年から復活する夏季五輪ゴルフ日本代表の将来的な育成も視野に、実力派プロが本格的に動きだす。

 学生プロの松山英樹の活躍で盛り上がるゴルフ界に、またホットな話題が飛び込んできた。

 新監督就任が決まった湯原は「ゴルフ部に入れば、人間力を高められるということを第1の目標にやっていきたい。そして(学生に)7年後の五輪出場を狙えるチャンスを与えられるようにしたい」と決意を語った。

 東京国際大は、倉田信靖理事長・総長の「日本の国策である“スポーツ立国”に貢献する」との方針から、プロ野球元広島監督の名将・古葉竹識氏を野球部の監督に招へいするなど近年、スポーツ部の強化に本腰を入れてきた。その一環でゴルフ部も09年に83年全米オープン覇者のラリー・ネルソンを名誉監督に、10年にOBのプロゴルファー・並木弘道を監督に迎え、A~Fまで6ブロックある関東大学リーグのF、E、Dブロックでそれぞれ優勝。昨秋にはCブロック対抗戦で準優勝と着実に成長を続けていた。

 しかし、今春に並木監督が体調を崩し長期療養が必要となったため、倉田理事長が古葉監督に後任の人選を相談。古葉監督は三男・隆明さん(現同大野球部助監督)が、一時プロゴルファーを目指し、ゴルフ界に知己が多かった縁で湯原を推薦した。

 倉田理事長は前週、面談し就任を要請。「湯原さんは一流の人。中途半端な指導者では生徒も付いていきませんから。将来、国に貢献できる人材を育ててくださいとお願いしました」と期待を寄せた。また、並木監督については「功労者ですので引き続き顧問として残っていただきます」と気遣った。

 湯原は日大を経て80年にプロ入り。デビュー時からツアー関係者に「きれいなスイングでどこもいじる必要はない」と言われたショットメーカーで、ルーキーイヤーの81年にいきなり2勝を挙げ、賞金ランク5位に入る活躍を見せた。倉本昌弘、羽川豊とともに「若手三羽がらす」と注目され、00年には選手会長に就任するなど人望も厚く、ゴルフにとどまらない知識の広さからフジテレビのスポーツ番組のメーンキャスターを務めたこともある。

 7月1日から常勤で指導にあたるが、昨年シニアツアーの賞金ランク9位(約882万円)で今季のシード権(ランク30位以内)を獲得し、12試合の出場資格を得ている。大学からはプロ活動との両立を認められており、試合で不在の際は、自らのコーチでもあるティーチングプロの渕脇常弘氏が、ヘッドコーチとして指導にあたる。

 「(学生には)自分自身の経験を正しい言葉で、正しく伝えていきたいと思っています」。現役プロと指導者という二足のわらじを履く湯原の異色のチャレンジに注目だ。

[ 2013年6月26日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月23日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画

      スペシャルコンテンツ