PR:

アイホケ娘に異例のFB禁止令!11年なでしこ教訓に

苫小牧市のゆるキャラ「とまチョップ」(右)から記念品を受け取る大沢

 異例のフェイスブック禁止令が出された。アイスホッケー女子日本代表の飯塚祐司監督(38)は19日、大沢ちほ主将(21=三星ダイトーペリグリン)ら8選手と苫小牧市役所で岩倉博文市長を表敬訪問。その場でソーシャルネットワーキングサービス「フェイスブック」の使用禁止を通告した。ソチ五輪の出場権を獲得して注目が高まる中、プライベートの管理を徹底し、アイスホッケーに集中させる。

 突然のお達しに、笑顔がトレードマークのアイスホッケー女子日本代表の表情が凍りついた。関係者から「監督からお知らせです。フェイスブックは禁止です」と伝えられると選手らの笑い声が消えた。この日集まった8人のうち3人はフェイスブックを利用。苫小牧市のゆるキャラ「とまチョップ」と記念撮影する選手もいたが、その写真もフェイスブックにアップできないことになる。ソチ五輪出場を決めた“氷上のなでしこ”にも有名税がかかった。

 飯塚監督はフェイスブックの使用禁止に至った経緯について「いろいろ大変なので。既にメッセージや申請が大量に来ていると聞いている」と説明した。他競技では、11年にサッカー女子のなでしこジャパンの選手が飲み会の様子をツイッターで中継され、騒動に発展している。選手らはシーズンの真っ最中で、3月の全日本選手権(帯広)、4月の世界選手権(ノルウェー)に向けても大事な時期。飯塚監督は「飲み会の写真とかが出て騒ぎになっても困る」と同じてつを踏まないように早速、動いた形だ。

 ソチ五輪での目標はメダル獲得。祝福の嵐にも、気の緩みは厳禁だ。「注目されるので、代表だけでなくチームでも良いホッケーをしないといけない」と坂上。浮かれモードもフェイスブックも封印して、アイスホッケーに集中する。

[ 2013年2月20日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:07月22日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画

      スペシャルコンテンツ