PR:

カレリン氏が吉田沙保里祝福 「強い精神力、努力」称える

13大会連続世界一達成から一夜明け、金メダルと記念のベルトを手にポーズをとるレスリング女子55キロ級の吉田沙保里

 レスリング女子世界選手権で10連覇し、五輪3連覇と合わせて前人未到の13大会連続世界一を達成した55キロ級の吉田沙保里(ALSOK)が一夜明けた29日、カナダのストラスコナカウンティのホテルで記者会見し「記録へのこだわりはあったので少しは認められたかな」と充実感をにじませた。

 男子グレコローマンスタイル130キロ級(当時)で12大会連続世界一に輝き、「人類最強」と呼ばれたアレクサンドル・カレリン氏(ロシア)は日本協会を通じ「13大会連続世界一を成し遂げられたのは強い精神力、忍耐力、努力と決断力によるものです」と祝福のコメントを寄せた。

 吉田は今後の記録更新について「出られるなら出たい。目標がないと休みがちになる」と意欲を示した。10月5日に30歳となるが「勝ち続ける間はやり続けたい。自分がやっても勝てないと思ったら引退を考える」と話した。12月の全日本選手権に出場するかは未定。

 ▼アレクサンドル・カレリン氏の話 13大会連続世界一を成し遂げられたのは強い精神力、忍耐力、努力と決断力によるものです。吉田選手はスポーツの最高峰を達成したいと思う多くの後輩にとって、見本となる立派な選手です。(共同)

[ 2012年9月30日 09:46 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月18日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画