PR:

石田は準々決勝で敗れ14位 W杯距離スプリント

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)距離は4日、フィンランドのラハティでスプリント・クラシカル(1・4キロ)を行い、女子の石田正子(JR北海道)は3分48秒31の15位で予選を突破したが、準々決勝で敗退し14位だった。マリット・ビョルゲン(ノルウェー)が今季6勝目、通算52勝目を挙げた。

 男子の恩田祐一(アークコミュニケーションズ)は、3分17秒99の33位で予選落ちした。エミール・イエンソン(スウェーデン)が今季初勝利、通算10勝目を挙げた。

 ▼石田正子の話 もう少し頑張れば準決勝にはいけた。もったいない。でもスプリントで落ち着いて走れたのは初めて。(共同)

[ 2012年3月4日 23:27 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月18日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画