PR:

宇賀地 圧勝にも不満 「後半になってからよくなかった」

熊日30キロロードレース
(2月19日 熊本市)
 宇賀地は圧勝にも「最低でも1時間29分30秒が目標だった。力不足と感じる」と悔しさをあらわにした。20キロ以降にペースがやや落ち込んだ。「後半になってからよくなかった。課題のスタミナが…」と話した。

 すでにロンドン五輪1万メートルの参加標準記録Aを破っている。春のトラックシーズンに向けて、2月末から3週間ほどケニアでの高地合宿に臨む予定。「1万メートルで代表を狙えるように頑張ります」と抱負を語った。

[ 2012年2月19日 17:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画

      スペシャルコンテンツ