PR:

走路妨害で失格のロブレス「もっと力のある国の選手だったら…」

 陸上の世界選手権の男子110メートル障害で1着でゴールしながら失格となったダイロン・ロブレス(キューバ)が「もし自分がもっと力のある国の選手だったら(失格は)起こらなかっただろう」と不満を示したと30日、AP通信が伝えた。

 世界記録保持者のロブレスは隣のレーンの劉翔(中国)と手が接触し、走路妨害で失格した。電子メールによる取材に対し「腕を広げるのだから接触は常にある。選手たちはみな分かっている」と主張した。(共同)

[ 2011年8月31日 09:55 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:01月22日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画