PR:

日本は首位と7打差7位/男子W杯第2日

 男子ゴルフの国・地域別対抗戦、ワールドカップ(W杯)は28日、中国・深センのミッションヒルズGC(パー72)で交互にボールを打つフォアサム方式で第2ラウンドが行われ、谷口徹と今田竜二の日本は68とスコアを伸ばし、通算10アンダーの134で首位と7打差の7位につけた。
 前日10位の日本は前半の5バーディー、1ボギーで上位に進み、後半は2ボギーの後の2バーディーで盛り返した。
 ミゲルアンヘル・ヒメネスとパブロ・ララサバルが組んだスペインが63で回り、通算17アンダーでトップに浮上した。4打差でオーストラリアとドイツが続いた。(共同)

[ 2008年11月28日 19:27 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月20日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画