PR:

1年占う初釣りも…本命“オデコ” 18年凶運幕開け

上がってきたのは、またもやトラギス
Photo By スポニチ

 【釣り姫見参!】“初釣り”は釣り人にとっては一年の“釣り運”を占う特別な日。良い釣果を出して好スタートを切りたい。“釣り姫”ふくだあかりが出掛けたのは南六郷・ミナミ。狙いはアマダイ&オニカサゴの“めでたい”赤い魚リレー。ところが…。

 初釣りの場所は長年お世話になっている、南六郷・ミナミさん。昨年末に消化不良でリベンジを誓ったアマダイとオニ退治を目指して行ってきました。

 当日、風はやや強いものの、ウネリはほとんどなく釣りやすい状態。まずは富浦沖の水深80〜100メートルのポイントでアマダイから。前回の失敗の原因は「誘いを大きく入れ過ぎて仕掛けがなじんでいない」説を頭に入れて、丁寧に釣りを開始。

 底をオモリでトントンと軽く叩き、1メートルタナを切って仕掛けがなじむまでステイ。そこでまたフワフワと誘いを入れた後50センチぐらいゆっくりと誘い上げ。この時にモタれるような当たりがあればアマダイ。当たりがなければまたゆっくり誘い下げと誘い上げとタナ取りの繰り返し。竿の穂先に集中し、荒っぽい誘いをしないように仕掛けが浮き過ぎないように丁寧に釣りをしているとコツコツとした当たりが連発。釣れてくるのはトラギス、ヒメ、ウミヘビ、トラギス、トラギス、タマガンゾウ…の繰り返し。それでもいつか本命が来るだろうと思いきや本命は一度の当たりすらなく終わってしまいました。

 気を取り直して次は観音崎沖の50〜60メートルでオニカサゴ狙い。仕掛けのみをチェンジしてサバの切り身を付ける。底から1メートルぐらいを探っていきながら、大きくあおりを入れて餌を上からひらひらとアピール。けれど、やはり当たりは餌取りのみ。コツコツと絶え間なく当たりがあり、気がついたらサバがなくなっている感じ。しかも釣れるのはまたしてもトラギス。オニカサゴのハリに食ってくるなんて、相当どう猛なのね。そして、時間はあっという間に過ぎ、ラストはかなりの重さで上がってきた岩。生命ではないもので初釣りの幕を閉じました。

 この日は終始ほとんど潮が流れずに大苦戦。安達任伯船長=写真=も幾度となく流し変えをしてくれたものの、船中9人中アマダイが4匹(23〜40センチ)、オニカサゴが3匹(25〜34センチ)とかなり厳しめ。船長もこんなに悪い日はここ最近なかったとのこと。ワタシと言えばアマダイもオニカサゴもゼロで、なんと本命はなし!という残念な初釣りの結果になってしまいました。

 これは…腕もさることながら、日があまりにも悪かった。年の初めに初詣などの習慣がなく、おみくじなんて引いたことがほとんどないワタシですが、今回の釣りおみくじ的には「凶」を引いてしまったのかな、と。まあ凶(強)運の持ち主ってことにしましょう。これ以上悪くなることはないだろうから後は上がるだけ。今後が楽しみです。

 ミナミさんでは今の時季、アマダイ、オニカサゴの他にも、カワハギ、タチウオなどの組み合わせやさまざまなリレー船も出船。随時リクエストを受け付け中。船長の丁寧なレクチャーと途切れることのない現状報告で季節のさまざまな釣りを楽しめます。

 ◆ふくだあかり 1981年(昭56)、茨城県生まれ。07年、趣味で釣りを始める。08年に始めたブログ「百目」は、月間30万アクセスの人気。著書に「初めての釣りガール スタイル&レシピ」(講談社)などがある。16年から茨城県海面利用協議会委員を務めている。

 ▼釣況 東日本釣宿連合会所属、南六郷・ミナミ=(電)03(3738)2639。釣り物、出船時間、料金は要問い合わせ。

[ 2018年1月11日 10:44 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:04月23日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス