PR:

熱い!!大物マダイ&マアジ 納涼の夜にワラサ、スズキ…豪華ゲストもズラリ

本間さんは良型マアジを連発
Photo By スポニチ

 【新潟の釣り】マアジをメインに豪華ゲストも勢ぞろい、マダイも簡単に釣れちゃう!暑い夏は涼しい夜の釣りに決まり。新潟県岩船沖の釣果は豪華版だ。 (スポニチAPC 菅野 順也)

 新潟県でこの時季に人気が高まる夜のマアジ釣り。陸から見渡せば集魚灯の光が沖合に点在、夏から秋にかけての風物詩的な存在。

 「今年は特にマアジの型が大きい、数年ぶりですね。マダイも3キロクラスが連続ヒットしています。お好みで、どちらをやってもらってもOKです」と阿部賢一船長が話す。

 釣行当日は金曜日とあって、仕事が終わってからでも間に合う午後9時出船。夜の海を30分走って恵陽丸はポイントへ到着。シーアンカー(水中パラシュート)を投入して潮に船を同調させて、集魚灯を点灯。阿部船長からゴーサインが出た。

 マアジ狙いなら胴突のサビキ仕掛けを使用。タックルは2メートル前後の短い竿にハリ数の少ない4本バリ仕掛けの組み合わせがお薦め。誘いが効いて効率良く手返しが可能だ。

 西置賜郡・本間秀章さん(40=会社員)は「これですよ、新潟の海では大きいのが釣れますね。毎年通っています」と大型マアジの手応えに、にっこり。

 阿部船長によれば「簡単に釣れるマアジですが、より釣果を上げたければ置き竿は駄目です。手持ちで誘いを入れることが大切です。底を中心にタナも小まめに探してみてください。マダイは軟らかい竿で、じっくり粘っている人に当たりが来ていますよ」とのこと。

 次第にイワシなどの小魚が集まりだして魚探に映る魚影がどんどん濃くなってきて、マダイ狙いの竿にも反応が出始めた。私の竿が一気に曲がって2キロクラスが浮上。仕掛けは片てんびんに1本バリの極めてシンプルなもの。餌持ちの良いユムシを1匹掛けで使用した。

 同じくマダイ狙いに絞っていた、西置賜郡・嵐正人さん(35=公務員)は「2週間前に中型を4匹釣りました。周りで大きいのが釣れていたのでまた来ました」と3キロクラスのヒットに成功。

 地元の村上市・伊与部金次郎さん(71)は「以前は漁師として釣りをしていましたが、引退後は楽しく遊びでやっていますよ」と、大ダイを連続で浮上させ、技を披露。

 終盤には私の竿の穂先が勢い良く水面に突き刺さってドラグが鳴った。何度となく糸が出入りした後に4・1キロのマダイがようやく浮上した。

 さらにワラサやスズキなど豪華ゲストが多彩に加わり、船上は大にぎわいの週末となった。

 ▼当日マダイ狙いタックル 竿=がまかつ「デルフィーノ 30―300」、ハリ=同「真鯛王ケイムラパール」12号、ハリス=ヤマトヨテグス「フロロハリス」6号2メートル。

[ 2017年7月14日 08:17 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:07月24日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス
      スペシャルコンテンツ