PR:

心浮き浮き バス入れ掛かり 水面ジャンプする匹はスリル満点

良型バスの入れ掛かりを楽しんだ
Photo By スポニチ

 【あかりの“管釣り”っちゃおう!】大物の引きを味わいたくて、ふくだあかりが訪れたのは茨城県水戸市の「水戸南フィッシングエリア」。狙うのはランカー級のブラックバスだ。

 先日、私が出演させてもらっている釣り番組「フィッシング倶楽部」(テレビ埼玉系)の撮影で河口湖のバス釣りに行った。まだ寒い時期で、かなり厳しい状況だったにもかかわらず、50センチアップを釣り上げ、バス釣りの魅力に気付き始めてしまったワタシ。あの感動をもう一度!と思ってはみたものの、バスタックルは持っていないし、どこの湖に行き、どのポイントを狙ったらいいのか正直分からない。そんなバス釣り初心者にお薦めなのがバス専用のポンドがある「水戸南フィッシングエリア」。

 実はココ、普段使っているトラウトタックルでも気軽にバス釣りができちゃう。買い足すものはワームぐらい。白系とグリーンパンプキン系の2色もあれば十分楽しめるお手軽さが魅力なんです。

 朝イチ、早速、トラウトのナイロンラインタックルに、トラウトフックにワームをチョン掛けして、そ〜っとポンドに近づき、点在するストラクチャーの縁にキャスト。“見えバス”がいないので、ボトムをとり、チョコチョコと細かくシェイクを入れてみる。

 最初のうちは慣れないワームのキャストと誘い方、ステイの入れ方とかに戸惑っていたけれど、誘いを入れた後、ちょっと竿先を止めてみるとスーッとラインが走った。一呼吸置いて合わせを入れると、丸っと太ったバスが釣れると言う釣法…どうやら間違ってなかったみたい。そのままその釣り方をして3匹程度釣った頃、日が出て水温が上がったからか、朝には見つけられなかった“見えバス”が出てくるようになった。

 そうなればこっちのもの。浮いてきたバスの鼻先にワームを通すと、素直なバスはすかさずバイト。水面をジャンプする元気な引きは、スリルがあって最高!軟らかいトラウトタックルだからなお楽しい。

 どんどん浮いてくる“見えバス”をサイトで釣って、気がつけば20匹近い釣果に。大して知識がなくってもここまで釣れれば大満足。いっぱしのバサーになった気分にさせてもらいました。

 帰り際、管理人の滝田広己さんと卜部貴章さんにお話を伺ったら、とんだ勘違い。ワタシ的に、暑くなって水温が上がってくる今の時季が一番釣果がいいのかと勝手に思い込んでいたら、実はスポーニングとアフタースポーンと重なり、デリケートな時季で魚の警戒心が強いとのこと。それを過ぎて7月末ぐらいから回復し始め、10月頃には爆釣シーズンを迎えるそう。その後3月になるとスポーニング手前の荒食いをして、上手な人だと3桁の釣果を出すそうだから驚き。

 トラウトのクランクやスプーンでも釣れるみたい。ぜひそんな入れパクのバスもやってみたいから、その頃にまた行ってみよっと。

 足場もいいのでお子さんや女性、初心者さんも気軽に釣れて楽しいですよ。

 ◆ふくだあかり 1981年(昭56)、茨城県生まれ。07年、趣味で釣りを始める。08年に始めたブログ「百目」は、月間30万アクセスの人気。著書に「初めての釣りガール スタイル&レシピ」(講談社)などがある。16年から茨城県海面利用協議会委員を務めている。

 ▼水戸南フィッシングエリア(茨城県水戸市元石川町2619)=(電)029(246)1233。営業は午前7時から午後7時。年中無休。1日券大人4000円、女性・子供(中学生以下)3000円。いずれも税別。ほか各券種あり。トラウトエリア、コイ釣りもあり。

[ 2017年6月15日 07:11 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:10月22日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス