PR:

漫画の海賊版サイト遮断 著作権保護へ民間対応促す 通信の秘密侵害の恐れ 政府、緊急対策決定

 政府は13日、漫画や雑誌などをインターネット上で無料で読める「海賊版サイト」による著作権侵害を防ぐための緊急対策を決定した。悪質なサイトはプロバイダー(接続業者)が利用者のネット接続を遮断するのが適当との見解を示し、民間事業者に自主的な対応を促す。迅速な著作権保護につながる半面、通信の秘密や検閲禁止を定めた憲法21条に抵触するとの指摘も上がっており、議論を呼びそうだ。

 安倍晋三首相や関係閣僚、民間の有識者らが出席した知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議で決めた。主な海賊版サイトによる著作権侵害の損失額は約4千億円に上るとの推計もある。安倍首相は「本来、漫画家やクリエーターに入る収益が奪われることは、わが国のコンテンツ産業の明日を閉ざす事態となりかねない」と危機感を示した。接続遮断(サイトブロッキング)の法的根拠を明確にするための法制度整備を引き続き検討し、来年の通常国会で関連法の成立を目指す。

 接続遮断はこれまで児童ポルノに限った特例措置として実施されており、初の適用拡大となる。

 緊急対策では、重大な被害をもたらす特に悪質なサイトとして「漫画村」「Anitube(アニチューブ)」「Miomio(ミオミオ)」を明示。当面はこれら3サイトに限定し、民間プロバイダーの自主的な取り組みとして接続を遮断することが適当とした。

 同様に悪質なサイトが新たに現れた場合は、政府が事業者や有識者を招いた協議体を設置して対応を検討する。

 海賊版サイトをリンク先としてまとめ、ネット利用者を誘導する「リーチサイト」を規制する法案も来年の通常国会までに提出する方針だ。

 サイト接続の遮断を巡っては、利用者の接続先をチェックする必要があることから通信の秘密を侵害するとの指摘や、表現の自由を脅かすとの懸念が根強い。政府の検討状況が報じられて以降、法学者やネット業界団体などが反対意見を相次いで表明している。(共同)

[ 2018年4月13日 09:35 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:04月22日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス