PR:

安倍首相が陳謝、データに疑義 裁量労働制発言「答弁撤回」

裁量労働制を巡る過去の発言について陳謝する安倍首相
Photo By 共同

 安倍晋三首相は14日の衆院予算委員会で、今国会に提出予定の働き方改革関連法案に含まれる裁量労働制を巡り、働く時間の縮減効果をアピールしていた過去の発言について「私の答弁を撤回するとともに、おわび申し上げたい」と陳謝した。根拠としていた厚生労働省の調査の信頼性に疑義が生じ、野党側が撤回を求めていた。

 首相の答弁撤回後に質問に立った立憲民主党の枝野幸男代表は「間違ったデータに基づく答弁で議論させられた。時間の浪費」と批判。「浪費した時間を別枠で上乗せしてもらう」と、議論やり直しを求める考えを示した。

[ 2018年2月15日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:02月20日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス