PR:

「淫行勧誘」適用、AV強要で逮捕 警察摘発“本気”表れか

 アダルトビデオ(AV)に出演経験のない20代女性を説得し、出演を強要したとして、警視庁保安課は19日までに、淫行勧誘(法定刑3年以下の懲役または30万円以下の罰金)と労働者派遣法違反(同1年以上10年以下の懲役または20万円以上300万円以下の罰金)の疑いでAVプロダクション「ディクレア」元従業員(35)ら男3人を逮捕した。

 逮捕容疑は15年6月、無修整で配信するAVであることを隠して女性を勧誘し、撮影スタジオへ派遣して出演させるなどした疑い。

 女性は拒否したが元従業員らは「あなたのプロフィル写真の撮影にいくらお金がかかったと思っているの」などと言って出演させた。女性が2作品で受け取った報酬は約22万円。AVはオランダの映像配信会社を経由し、有料で配信された。

 これまで同様のケースで適用されていなかった淫行勧誘容疑での逮捕について、レイ法律事務所の松田有加弁護士は「警察がAV強要問題への取り締まりを強めるという意思が表れている」と指摘した。

[ 2018年1月20日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:02月20日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス