PR:

将棋駒強盗 5000万円超、高級品含む30〜40セット奪う

関西将棋会館にあるタイトル戦専用の最高級の駒。王将と玉将の駒の裏に書体(錦旗)と作者(児玉龍児)が掘られている
Photo By スポニチ

 大阪府八尾市の将棋関連用品の販売店「将棋博物館二歩」に11日午前10時18分ごろ、男が押し入り、将棋駒セットを奪い逃走した。八尾署によると、同店経営者は、500万円以上の商品を含む30〜40セットが奪われ、被害総額は5000万円を超えると説明している。店は4階建てビルの1階に入居。八尾署によると、女性店員(36)がビル横の通用口から中の通路に入ったところで、後ろからいきなり男に羽交い締めにされ、そのまま店内に連れ込まれた。

 男は「静かにしろ」と脅し、店員をテープで後ろ手に拘束した上、グルグル巻きに椅子に縛り付けた後、ショーケースのガラスを割り、将棋駒セットを奪って逃走したという。男が押し入る様子は付近の防犯カメラに記録されており、上下黒色の服で、黒い帽子と白色マスクを着用していた。営業時間外で客はおらず、店員にケガはなかった。

 テープを自力で外した店員からの連絡で、現場に駆けつけた経営者が110番通報したのは、男の侵入から20分もたたない午前10時37分。捜査関係者によると、経営者はショックでぼう然としていたという。八尾署は強盗事件として逃げた男の行方を追っている。

 ホームページによると店は将棋駒の製造も行っており、有名な作家の作品も展示。高価な商品には骨とう品としての価値があるとみられる。また同店の昨夏のブログには“藤井フィーバー”のため「いつもより多く発注が来てうれしい悲鳴です」と書き込みがあった。

 将棋駒の価格は、日本将棋連盟の関係者によると、材質や字の作り方、作者などでおおむね決まるという。高額の駒は一般的に最高級の「本黄楊(つげ)」を使う。字を彫った部分に漆を入れて表面より盛り上がらせる「盛り上げ」という製法なら最低20万円以上。亡くなっている名匠の作品だと「欲しい人ならいくらでも出すのでは」と話した。

 《材料の木減少でフィーバー対応できず》日本将棋連盟によると将棋界ではここ数年、木製の駒不足が悩みの種になっているという。背景にあるのが高級素材「本黄楊」の材料となるつげの木の減少。業者に発注しても納入までの時間が以前よりかかるようになっており、連盟のグッズ売り場やネット販売にも影響が出ているという。藤井フィーバーや羽生善治竜王の国民栄誉賞受賞決定で沸く将棋界。その影響で駒を子供に買い与えようとする親も少なくないが、求める駒が用意できず「残念ですがプラスチック製品を薦める場合もある」という。

[ 2018年1月12日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:01月21日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス