PR:

JR京浜東北線6時間45分ストップ 工事が原因?架線断線

 JR京浜東北線の鶴見駅―川崎駅間で16日午前10時55分ごろ、架線が断線するトラブルがあった。約6時間45分後に再開した。

 並走する東海道、横須賀両線も一時運転を見合わせた。計92本が運休。214本に遅れが生じ、約22万人に影響が出た。同日未明に現場付近で実施した架線工事が原因とみられる。

 駅間で停車した3本の電車から計約2400人の乗客を降ろして最寄り駅などに誘導した。男性2人が体調不良を訴え、タクシーで帰宅した。

 午後3時半以降、東海道、横須賀両線が順次復旧。最後になった京浜東北線は午後5時40分ごろに再開した。

[ 2017年12月17日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:01月23日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス