PR:

児童からわずか十数メートル…米軍ヘリ窓、小学校運動場に落下

 沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小学校の運動場に13日午前10時15分ごろ、上空から約90センチ四方、重さ7・7キロの金属製の窓枠が落下した。米軍は、小学校に隣接する米海兵隊普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリコプターの一部だと明らかにした。

 運動場には衝撃の激しさを物語る痕跡がくっきりとつき、アクリル製とみられる割れた透明板が散乱。防衛省沖縄防衛局は、操縦席左側の窓が枠ごと落ちたと明らかにした。県などによると、運動場では体育の授業中で児童ら約60人がおり、落下地点との距離は十数メートル。4年生の男児1人の左手に小石が当たった。沖縄に司令部のある在日米海兵隊は「地域に不安を引き起こしたことを謝罪する」との声明を出した。

 運動場から建物に避難し、動揺して泣いた児童もいた。事故を受け、同小では午後の授業を中止。メールで連絡を受けた保護者らが子供を連れ帰った。現場を視察した翁長雄志知事は「一番守ってあげなければならないのは子供たち。運動場のど真ん中に落ちてきたのは許されない」と強く批判した。

 県警は現場を実況見分するとともに、窓を回収し、宜野湾署で調べている。ただ在日米軍の特権的地位を定めた日米地位協定の下、どこまで調べられるかは不透明だ。普天間飛行場所属の輸送機オスプレイが名護市沿岸部で不時着、大破した事故から13日で1年。在日米軍専用施設が集中する沖縄県で、米軍事故への不安や過重な負担を訴える声が改めて強まりそうだ。

 ≪「「防ぎようもない」住民たち怒り爆発≫基地と隣り合わせの住民たちは怒りを爆発させた。小学校から約100メートル離れた保育園の名嘉真恵利奈園長(54)は「絶対あってはならないこと。私たちも子供の命を預かっている。防ぎようもないので本当に不安だ」と話した。小学校のそばに住む上江洲幸人さん(35)は午前9時半ごろからヘリコプターが低空飛行する音を聞いた。その後パトカーの往来が激しくなったといい「外出するのも不安だ。米軍は機体の安全管理をしっかりしてほしい」と徹底した原因究明を求めた。

 【沖縄県での最近の米軍機からの部品落下トラブル】

 ▼2013年2月 米軍普天間飛行場で、輸送機オスプレイからプラスチック製のボトルが落下

 ▼15年3月 電子偵察機から機体のパネルが落下したことが飛行後に判明

 ▼同5月 海上を飛行中のP3C哨戒機から通信用アンテナが落下

 ▼17年3月 米軍キャンプ・ハンセンで、訓練飛行中のヘリコプターから、つり下げていたタイヤが落下

 ▼同11月 米軍嘉手納基地でF35A最新鋭ステルス戦闘機が着陸の際、機体右側のパネルの一部が外れていることが判明。飛行中に落下の可能性

 ▼同12月 沖縄県宜野湾市の保育園の屋根に、円筒状の物体が落下。CH53大型輸送ヘリコプターが付近を飛行していたが、米軍は落下を全否定

[ 2017年12月14日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:01月19日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス