PR:

山尾議員「ワイドショー取材受ける」ダブル不倫疑惑の倉持氏と

討論に出席した(左から)、山尾志桜里衆議院議員、小林よしのり氏、司会者、倉持弁護士
Photo By スポニチ

 9月に「週刊文春」でダブル不倫疑惑が報じられた山尾志桜里衆院議員(43)と倉持麟太郎弁護士(34)が10日、都内で行われた討論イベント「ゴー宣道場」にそろって出席した。

 漫画家小林よしのり氏(64)が定期的に主催するもので、今回のテーマは「憲法改正の作法を教えよう」。不倫疑惑について「男女の関係はない」と主張していた山尾氏は“潔白”をアピールするかのように胸を張り席に着いた。

 山尾氏は10月の衆院選に愛知7区で無所属で立候補し、接戦を制して当選。その後、騒動の相手だった倉持氏を事務所の政策顧問として起用したことで物議を醸していた。

 11月に大阪で開かれた「ゴー宣道場」にも2人で出席していたが、山尾氏は「大阪ではしゃべればしゃべるほど声が出なくなった。それほどストレスを抱えていた。今日はしっかり声が出る」と笑顔。共演のパネリストから「憲法をどのように勉強すればいいか」と聞かれると「ワイドショーは見ない方がいい」と批判を受けてきたことを念頭に、ジョークで答え会場を沸かせた。一方で、憲法に関する情報発信には「柔らかいメディアも使う」と述べ「憲法の話をさせてくれるならワイドショーの取材も受ける」と新たなスタートを切る意欲も示した。「憲法について女性に考えてほしい」との思いから、女性誌「婦人公論」に倉持氏と2人で取材を受けたとも報告。これには場内から「かなり刺激的じゃないか」と驚きの声も飛んだ。

 《小林氏憲法改正に「国民運動が必要」》「代表師範」として登場した小林氏は「最短で来年4月に国会で憲法改正が発議され、6月に国民投票の実施が可能。もっと長い時間をかけて国民が知らなければいけないのに、残念ながら時間がない」と主張。「憲法を自分たちで作るための国民運動が必要だ。そうでなければ関心を失ってしまう」と指摘した。イベント終了後は、山尾氏について「いいこと言うだろう?凄いんだよあいつは」と絶賛していた。

 《倉持氏離婚報道に「お答えできない」》倉持氏は、イベントの「師範」の一人として登壇。山尾氏のコメントについて、補足するなど、壇上でも政策顧問としてアシストしていた。終了後、7日発売の「週刊文春」で妻と離婚すると報じられたことについて、記者から「事実か」と問われると「何もお答えできません」と答えた。

[ 2017年12月11日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:01月19日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス