PR:

小池唯夫氏死去 元毎日新聞社社長、パ・リーグ会長 85歳

死去した小池唯夫氏
Photo By スポニチ

 毎日新聞社の元社長で、プロ野球パ・リーグの会長を務めた小池唯夫(こいけ・ただお)氏が11月30日午後5時31分、肥大性心筋症のため東京都内の病院で死去した。85歳。栃木県出身。葬儀・告別式は近親者のみで既に執り行い、後日お別れの会を開く。喪主は妻道子(みちこ)さん。

 小池氏は早稲田大から1956年に毎日新聞社に入社。政治部長、論説委員長、主筆・東京本社編集局長、東京本社代表などを歴任し、92年に社長就任。翌年から99年までスポーツニッポン新聞東京本社取締役、95〜99年は日本新聞協会会長を務めた。毎日新聞社相談役を経て、2001年1月からパ・リーグ会長に就いた。日本ハムの北海道への本拠地の移転問題解決や、04年から始まったプレーオフ制度の導入などに尽力。08年末、コミッショナーとセ、パ両リーグの3事務局統合で会長職が廃止になるため、任期満了で退任した。

[ 2017年12月8日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:12月11日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス