PR:

仙台育英野球部員引退3年生、急性アルコール中毒で救急搬送

 甲子園の常連校で、今夏の全国高校野球選手権大会で8強入りした仙台育英高(仙台市宮城野区)の硬式野球部員と引退した3年の計6人が11月、市内の飲食店で飲酒や喫煙をしていたことが6日、明らかになった。うち3年の1人が急性アルコール中毒の疑いで救急搬送された。

 6人は2年と3年の各3人。11月27日午後7時ごろから約4時間、剣道部を引退した3年の2人とともに、仙台市青葉区の飲食店で飲酒、喫煙していた。8人全員が事実関係を認めている。野球部寮に住む一部生徒は「家族と面談する」と申告して外出許可を得ていた。夏の全国大会でベンチ入りした生徒も含まれているという。

 同校は宮城県高校野球連盟に報告。6日から野球部の活動を無期限で自粛した。19日に開催される日本高野連審査室会議で処分が出る可能性もある。今秋の東北大会では初戦(2回戦)で日大山形に敗れ、来春センバツ出場は絶望的だが、連覇を狙う来夏の宮城大会出場も危ぶまれる事態となった。

 真山晴夫副校長は「多くの生徒が頑張っている中、非常に残念。生徒の指導と管理を徹底したい」と話した。野球部はこれまでに春12度、夏26度甲子園に出場。金村暁(現阪神コーチ)、上林誠知(現ソフトバンク)らをプロ野球へ輩出している。

[ 2017年12月7日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:12月11日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス