PR:

元自衛官、マンション立てこもり…飼い犬道連れに猟銃自殺か

猟銃のようなものを発砲した男が立てこもっているマンションで警戒する警察官
Photo By 共同

 北九州市八幡西区穴生のマンション7階の部屋で8日午前6時10分ごろ、住人の男(65)が猟銃で飼い犬を撃ったと110番があった。約7時間半後に福岡県警の捜査員が部屋に踏み込み、寝室のベッド上で頭から血を流し死亡している男を見つけた。県警は、犬を射殺した直後、猟銃で頭を撃って自殺したとみている。

 県警によると、リビングにいた60代の妻は発砲直後に逃げ出し、別の階に住む女性を通じて通報。「夫は元自衛官。不動産関係の会社に勤めていたが、仕事で悩んでいた」と説明しており、男が精神的に不安定となり、突発的に撃ったとみられる。男は猟銃を扱う免許を取得していた。

 夫婦2人暮らしで、妻は最初の発砲音を聞いて逃げる際、廊下で倒れていた犬を見つけ、その後2発目の発砲音を聞いた。県警は当初、立てこもり事件とみて約200人態勢で捜査員を配置、身柄確保の準備を進めた。

 県警は、現場から半径約150メートルの住民を近くの小学校の体育館などに避難させた。上空では警察や報道関係のヘリコプターが多数旋回し、住宅街は緊迫した雰囲気に。男と面識があったという50代の女性は「人当たりが良く、事件を起こすとは思えない。飼い犬も可愛がっていた」と驚いた様子で話した。

[ 2017年11月9日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:11月19日15時〜16時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス