PR:

車爆弾による襲撃も計画か 爆弾の材料発見 ベガス銃乱射事件

 米ラスベガスで1日起きた銃乱射事件で、米メディアは6日、自殺したスティーブン・パドック容疑者(64)がホテル駐車場に止めていた自分の車に大量の爆発物などを積んでおり、車爆弾による襲撃を計画していた可能性があると報じた。

 地元警察によると、車内から銃弾約1600発と肥料など爆弾の材料が見つかった。パドック容疑者が事件後、ホテルの部屋から逃走を試みていた形跡があるとみており、詳しく調べている。

 当局は事件で亡くなった58人の身元確認作業が終了したと発表した。20〜67歳の女性36人、男性22人だった。

[ 2017年10月8日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:12月13日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス