PR:

国際手配フィリピン人「殺した」茨城女子大生殺害の容疑認める

 2004年1月に茨城大農学部2年の女子学生=当時(21)=が殺害された事件で、殺人などの疑いで国際手配されているフィリピン人の男(31)=事件当時少年=が21日、マニラ近郊で共同通信の取材に応じ「空き家で殺した」と容疑を認めた。

 男は07年にフィリピンに帰国し、直後に親族や近隣住民に事件のことを話していた。取材に同席した男の伯母(58)は「出頭させ、日本で裁きを受けさせたい」と話した。

 事件では、殺人と強姦(ごうかん)致死容疑でフィリピン国籍のランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(36)=岐阜県瑞穂市=が茨城県警に逮捕された。男は、ランパノ容疑者がリーダー格だったと主張し「(同容疑者が女子学生を)刺した」と話した。遺体を遺棄したのか尋ねると、無言でうなずいた。

[ 2017年9月22日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:12月12日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス