PR:

拳銃?構える人物 任侠山口組警護役を射殺、防犯カメラに

 神戸市長田区で指定暴力団神戸山口組から離脱した新組織「任侠山口組」の関係者が射殺された事件で、現場近くの防犯カメラ映像に、任侠山口組の織田絆誠代表(50)らが乗ったとみられる車列の周辺で、拳銃のようなものを構えた人物が行き来し、バイクで立ち去る様子が写っていることが13日、分かった。

 長田署捜査本部は、犯人グループの一人で神戸山口組傘下組織の関係者とみて捜査。現場の状況から、死亡した楠本勇浩さん(44)に発砲した男とは別人の可能性があり、複数犯による計画的な犯行とみている。また、犯人グループが現場に乗り捨てた車は所有者が分からないようにナンバーが偽装され、盗難車の疑いがあることも判明した。

 楠本さんは車列の3台のうち2台目に乗車。織田代表の警護役といい、車を降りて犯人グループの男とつかみ合いになった後、頭部を銃撃された。捜査本部は、楠本さんの死因は正面から頭を撃たれたことによる脳挫滅と明らかにした。

[ 2017年9月14日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:11月22日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス