PR:

アイフォーンに高級モデル 有機EL初採用、11月3日発売

発表されたアイフォーンX(AP)
Photo By AP

 米アップルは12日、新社屋のスティーブ・ジョブズ・シアターでスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新型を発表した。10周年モデルの高級機種「X(テン)」と「8」、「8プラス」を発売する。

 「X」は日米などで10月27日から予約を受け付け、11月3日に発売する。「8」、「8プラス」は今月15日に予約を受け付け、発売は22日から。

 「X」は有機ELをアイフォーンで初めて採用し、スマホの表のほぼ全面を画面にした。これまで端末の下部にあった基本画面に戻るホームボタンをなくし画面サイズを5・8インチと大型化した。

 顔認証技術による画面のロックの解除や無線充電といった機能を装備。現実の光景に架空の物体を重ねて映し出す「拡張現実(AR)」への対応を強化した。

 日本での価格は「X」が11万2800円(税別)から。従来モデルの性能を高め、無線充電に対応する「8」は7万8800円(同)から。「8プラス」は8万9800円(同)から。(共同)

[ 2017年9月13日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:09月26日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス