PR:

豊田議員、警察が聴取 元秘書暴行受け被害届 傷害の疑い視野 

豊田真由子議員
Photo By 共同

 自民党を離党した豊田真由子衆院議員(42)=埼玉4区=から暴行を受けたとして、元秘書の男性が被害届を出した問題で、埼玉県警が豊田氏から事情聴取していたことが12日、関係者への取材で分かった。県警は傷害の疑いも視野に捜査している。

 「週刊新潮」の報道によると、豊田氏は5月、当時政策秘書だった男性が車を運転中に後部座席から罵声を浴びせ、頭や顔を数回殴ってケガを負わせた。「ハゲーー!」や「死ねば」といった暴言も吐いたという。男性が録音したとする車内でのやりとりも掲載された。

 事務所関係者は、男性が高速道路の出入り口を間違ったことなどから豊田氏が激高したと説明。計7回、男性の顔などを殴ったという。豊田氏は男性に直接謝罪したとしている。

 支援者によると、豊田氏は議員を続ける意向で、記者会見を開いて事実関係を説明したいとしている。また週刊新潮の報道の一部について「事実ではない」と否定しているという。

[ 2017年9月13日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:09月22日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス