PR:

知的障がい者支援施設で傷害容疑 元入所者の作業担当逮捕

 宇都宮市の知的障がい者支援施設「ビ・ブライト」で4月、入所者の男性(28)が腰の骨を折るなどの重傷を負った事件で、栃木県警は12日までに、当時施設で作業に当たっていた男(22)を傷害容疑で逮捕した。県警は施設職員だった20代の女についても同容疑で逮捕状を取り、行方を追っている。

 施設や捜査関係者によると、入所していた男性が4月16日夜、体調不良で病院に搬送された。腰の骨が折れていたほか、腹腔(ふくくう)内で出血しており、一時的に意識不明となった。回復したが、今も療養している。施設側によると、男はこの施設の入所者だったが、自立支援の一環として施設での作業に当たっていたという。女はその後転勤し、現在は男が入所する別施設に勤務しているという。

[ 2017年9月13日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:09月22日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス