PR:

小池都知事、明確に語らず「市場移転、再開発」自民党と応酬

 東京都の小池百合子知事は30日、市場に関する「豊洲移転、築地再開発」の基本方針について、都議会臨時会で自民党と応酬した。

 7月の都議選後初となる本格的な論戦。自民都議は、基本方針の決定がブレーンの顧問らとの“密室判断”でなされたとされる問題を指摘。28日の本会議で「さまざまな意見を参考にした」という知事発言について「さまざまな意見とは誰の意見か」と質問した。小池知事は「さまざまな分野の知見を有する方々」と説明。自民都議から「具体的にどなたの意見か」と聞き返され「あまりに多すぎて、この場で説明するには時間が足りない」と具体的には答えなかった。

 豊洲・築地共存の実現性を疑問視した自民に対し、小池知事が事実上率いる「都民ファーストの会」は市場移転を巡る知事の全ての判断を「高く評価する」と連呼した。

[ 2017年8月31日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:10月19日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス