PR:

毒ヘビ、ヤマカガシか 男児かまれ一時意識不明 兵庫の公園で

 兵庫県伊丹市に住む小学5年の男児(10)が29日午後6時ごろ、同市荻野8丁目の公園でヤマカガシとみられる毒ヘビに右手首をかまれた。男児は病院に搬送され一時、意識不明の重体となったが、その後、意識は戻ったという。

 県警伊丹署によると、男児は友人と公園で遊んでいた。ヘビは友人がリュックサックで捕獲し、男児の母親に渡した。同午後9時ごろになっても出血が止まらず、頭痛があるため母親が119番した。ヘビは体長約60センチで、同署が引き取った。

 南米原産の強毒アリ「ヒアリ」に注目が集まる中で起きた、毒を持つ生物による事故。日本にいる毒ヘビといえばマムシやハブが有名だが、ヤマカガシも本州、四国、九州に広く棲息。都市部の草地でも姿を見かける“ポピュラーな毒ヘビ”だ。

 性格はおとなしく、人の気配がすれば逃げてしまう。前歯に毒のある通常の毒ヘビと違って口の奥に毒牙があることから、前歯でかまれても軽症の場合が多い。ただ、毒性は強く、マムシのおよそ4倍とされる。毒には血液を固める作用があり、固まった血液を溶かす体内の作用とのバランスが崩れ、重症例では脳出血などを引き起こして、頭痛が生じるとされる。1972年に、かまれた中学生が死亡する事故が発生し、危険な毒ヘビとして認識されるようになった。

 今回、男児がかまれたのは、住宅街の中の公園だった。誰でもヤマカガシに遭遇する可能性がある。「ハチ・ヘビ危険回避マニュアル」の著者でセルズ環境教育デザイン研究所の西海太介代表は「もしヤマカガシを見かけても、不用意にちょっかいを出して刺激しないこと。遭遇しても目安として1・5メートルほど離れておけば、ヘビの攻撃範囲からは外れているので、パニックにならずに適切に対応してほしい」と指南。かまれた場合は「応急処置に時間をかけるより、一刻でも早く病院へ行くことを考える」のが大切だとした。

 ◇ヤマカガシ 体長約60センチから150センチ。体色は、褐色の地に赤色と黒色の斑紋が交互に並んでいる。赤や黄色の模様も散在しているが、地域によって変異する。カエルが主食。毒性はマムシ、ハブより強く「日本一の猛毒」とも呼ばれる。漢字では「山楝蛇」。カガシにはヘビという意味があるものの、由来は諸説ある。

[ 2017年7月31日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:10月20日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス