PR:

ボルダリングインストラクター 東京五輪の正式種目で生徒急増

壁を登る子供のスクール生を真剣に見つめるボルダリングインストラクターの正村紗季氏
Photo By スポニチ

 【イマドキの仕事人】自然の巨石や屋内の人工壁をロープなどの道具を使わず、突起物(ホールド)だけを頼りに登る「ボルダリング」。2020年東京五輪から新競技として採用されることが決まった「スポーツクライミング」の一種目だ。壁をよじ登るというシンプルさと、体一つで始められる気軽さで愛好者が急増しているスポーツのインストラクターの仕事ぶりを追った

 横浜市のボルダリングジム「B―PUMP横浜店」。平日の日中にもかかわらず多くの利用者が訪れ、次々に高さ3メートルほどの人工の壁によじ登っていく。壁には、手足を置く場所となる大小さまざまなホールド。手に滑り止めのチョークをつけ、専用のクライミングシューズを履いた正村紗季(28)は、足の爪先程度の幅しかないホールドをつかみ、蹴り上げながら軽々と登っていった。

 「制限時間内に指定された複数のコースをいくつ登れたかを競うスポーツ。あまり人から教えられると、自分で考えられなくなる。だから、 ?!!! まず自分で考えてもらうようにしています」

 効率よく手足を進めるのが素早く登るコツで、地上からホールドの位置をよく観察することが大切だという。指導する時は、まずは壁の前に立ってもらい、手足の動かし方をイメージしてもらう。ボルダリングは「体を使ったチェス」とも呼ばれ、筋力だけでなく緻密な戦略も求められるのだ。

 東京五輪の正式種目に決まり、競技人口が急増している。同ジムでは5年前は子供対象のスクールの生徒は10人ほどだったが、今では40人以上に。広く知られることで業界が発展し「プロ選手が出てくることで、子供たちも夢を持てる」と歓迎する一方、危惧していることもある。「元々は岩場で始まったスポーツ。岩場でゴミを捨てるなどルールを守れない人もいる。技術だけでなく、マナーも教えていくのが私たちの役目」と表情を引き締めた。

 横浜市戸塚区で生まれ育った。森の中で探検ごっこをするのが大好きで、いつも泥まみれで遊んでいた。幼稚園児の頃に水泳、小学生はバスケットボール、中学生は硬式テニス、高校生ではバレーボールに熱中。ただ、将来の夢はブレることなく、ずっと「動物と触れ合える仕事」。動物について学ぶ専門学校に進み、念願の動物病院に就職した。

 動物が好きで入った世界だった。しかし「甘いんですけど、生と死を経験する中できつくなって」と2年で退職。ドッグカフェでアルバイトをしつつ「何か熱中できることは」と考えていた5年前、スポーツクライミングに出合った。

 テレビ番組でプロクライマーの尾川智子(39)が岩場を登っている姿を見て「女性でもこんなふうに登れるんだ」と根っからのスポーツ好きの心に火が付いた。「自分も挑戦したい!」。すぐにインターネットで探し、現在、働いているジムへ。毎日通ううちに「アルバイト募集しているけど、やってみない?」と誘われ「ドッグカフェより時給は安いけど、好きなことだしやってみよう」と転職した。

 アルバイト前後や休憩中など、時間があればジムの壁をよじ登った。「一番の魅力は、自分の限界に常に挑戦し続けることができること。ルートを攻略した時の達成感で、さらに上の目標を目指すことができる」と、仕事がない日も岩場に出掛けるなどしてメキメキ上達。国内のトップ選手が集う「ノースフェイスカップ」で上位進出を果たすまでにレベルアップ。社員に“昇格”し専門インストラクターとなった。

 競技歴5年で「これからも選手として挑戦し続けたい」といい、指導者としての目標は「五輪やW杯に出て活躍する選手を育てること。もっとボルダリングの素晴らしさを広めたい」と“伝道師”になるつもりだ。

 これから東京五輪・パラリンピックに選手として出場するのは難しくても、同じ競技を趣味として楽しむことはできる。体一つで始められるボルダリングはもってこいのスポーツ。一般社会でも、自分で考え、チャレンジする姿勢は重要なだけに、ますます競技人口は増えていきそうだ。(敬称略)

 ≪ジムも増 400カ所以上≫東京五輪で実施される「スポーツクライミング」の統括団体、日本山岳協会は4月に「日本山岳・スポーツクライミング協会」と改称した。国際スポーツクライミング連盟(IFSC)の要請を受け、五輪への採用決定や国内で愛好者が増えている現状を踏まえた。「スポーツクライミング」は高さ5メートル以下の人工壁を登る「ボルダリング」と、ロープで身の安全を確保しながら高さ12メートル以上の壁を登る「リード」に大別され、腕力だけでなくバランスや持久力も試される。専用ジムは国内で08年の96カ所から現在は400カ所以上に増え、ここ数年で急増している。競技人口は推定60万人とされる。

[ 2017年7月17日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:07月22日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス
      スペシャルコンテンツ