PR:

高3 母の再婚相手首切り殺害 新潟「口げんかになり殺した」

 同居する男性会社員(46)を殺害しようとしたとして新潟県警長岡署は15日未明、殺人未遂の疑いで同県長岡市の高校3年の少年(19)を現行犯逮捕した。男性はその後、死亡が確認され、同署は逮捕容疑を殺人に切り替えて調べる。

 逮捕容疑は14日深夜、男性の首を包丁で切り付け、殺害しようとした疑い。

 長岡署によると、14日午後11時45分ごろ、長岡市の住宅から「息子が父親を刺した」と119番があった。市消防本部の救急隊員が駆け付けると、男性が首から血を流して倒れているのが見つかった。現場にいた少年に事情を聴いたところ、容疑を認めたため殺人未遂容疑で逮捕した。凶器とみられる包丁は現場で見つかった。司法解剖の結果、男性の死因は首を切られたことによる失血死だったことも判明した。

 男性は少年の母親と数年前に再婚、少年とも一緒に暮らしていた。少年は当初「頭の中が真っ白で分かりません」と話していたが、その後の調べに「父と母が口げんかし、母が出ていった。父から出て行くように言われて口げんかになり殺した。包丁を使った」と供述し、容疑を認めている。

 14日夜、母親が約30分間外出して帰宅すると、1階リビングで男性が倒れているのを発見し、119番した。同署は家族間のトラブルがあったとみて、母親からも事情を聴き詳しく調べている。

[ 2017年7月16日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:07月24日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス
      スペシャルコンテンツ