PR:

佐賀銀行 1億円超預金者169人分の個人情報流出

 佐賀銀行(佐賀市)は19日、1億円を超す高額預金者169人分の個人情報が流出したと発表した。

 リストは福岡市内の2支店で、昨年起きた窃盗事件などに関与していたとされるグループに渡っていたことも判明。同行元行員の吉田淳被告(42)=窃盗罪などで公判中=が、顧客情報を記録したデータベース(DB)で同じ情報を検索しており、県警などは吉田被告が流出させた可能性が高いとみて調べている。

 同行などによると、流出したのは主に福岡、佐賀両県に住む高額預金者の氏名、住所、預金残高などの情報。現金を引き出すために必要な口座番号、暗証番号の漏えいはなかった。被害は確認されていないが、犯行グループが預金者の資産を狙うため入手した疑いがある。

 DBは日々の業務で使用され「本部の行員であれば利用可能」(総合企画グループ)という。全国銀行協会によると、DB管理方法にルールがなく、各行によって異なるという。

[ 2017年6月20日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:08月17日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス