PR:

山本地方創生担当相が失言 外国人観光振興で「がんは文化学芸員」

 山本幸三地方創生担当相は16日、滋賀県大津市のホテルで地方創生に関するセミナーに出席し、外国人観光客らに文化財などの説明、案内が不十分として「一番のがんは文化学芸員。この連中を一掃しないと駄目」などと発言した。

 質疑応答で観光振興について問われ、「文化や歴史を理解してもらう観光が最も長続きする。文化財をきちんと説明できるかが勝負」と回答。その上で、外国人に十分な説明ができていないと指摘。大英博物館も学芸員を辞めさせて成功したとして批判した。

 山本氏は終了後、報道陣に「“一掃”は言い過ぎたが、文化財はプロだけのものではない。学芸員も観光マインドを持ってほしい」と釈明した。15日から滋賀県内の観光施設や寺院などを視察していた。

[ 2017年4月17日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:06月25日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス
      スペシャルコンテンツ