PR:

生まれ変わったらケーキ屋さん…真央の夢、大阪パティシエが“手伝いまっせ”

浅田真央に質問したい記者の挙手が殺到する
Photo By スポニチ

 第二の夢、応援します――。12日に引退会見を行ったフィギュアスケートの浅田真央(26)は、もし生まれ変わったらという質問に「ケーキ屋さんをしているかも」と笑顔を浮かべた。これに浅田が大のお気に入りというケーキを販売する大阪のパティシエが、さっそくアドバイザーとして名乗りを上げた。

 浅田の女性らしい夢のサポート役に名乗り出たのは大阪・箕面を拠点として3店舗を営業するケーキ店「Delicius(デリチュース)」。

 ソチ五輪の後、スケート関係者が差し入れた同店のケーキを、浅田が気に入ったのがきっかけとなり交流がスタート。大阪でショーや試合があるたび、長岡末治社長(61)が自ら差し入れを届けるようになった。

 浅田のお気に入りは、同店の看板のチーズケーキ「デリチュース」。チーズの王様といわれる「ブリー・ド・モー」をフランスの農家から熟成途中で仕入れ、じっくり熟成させた自慢の一品だという。

 昨年5月以降に浅田が複数回、テレビでお気に入りのケーキとして紹介した。「それまで宣伝らしい宣伝はしたことがなかった」という長岡社長だったが、これで一気に売り上げが倍増した。浅田の名前をつけたケーキ創作は「お客さんである真央さんを宣伝に使いたくない」として、あくまで味で勝負。じわじわ人気が広がっていった。

 浅田は引退会見で「もし生まれ変わったら」という質問に「食べることが大好きなのでケーキ屋さんとかカフェ、レストランとかをやっているかも」と笑顔で答えた。具体的な引退後のプランとしてではないものの、長岡社長は「ケーキを作っている人間としてとてもうれしい」と感激。「もしお店を出されたら喜んで商品を出しますし、企画でもぜひお手伝いさせていただきたい」と申し出た。

 まだ浅田は26歳。生まれ変わらなくても、第二の夢を追うチャンスは無限に広がっている。

[ 2017年4月13日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス
      スペシャルコンテンツ