PR:

雪崩で8人死亡 注意報、悪天候の中「春山安全登山講習会」

 栃木県那須町湯本のスキー場付近で27日午前8時半ごろ、雪崩が発生し、登山講習会に参加していた高校生らが巻き込まれた。県警によると、県立大田原高校の男子生徒7人と顧問の男性教員1人が死亡。死因は8人全員が圧死だった。ほかに負傷者が40人おり、重傷者は7人という。この日、付近には雪崩注意報が出ており、県警は悪天候の中で訓練をなぜ実施したのか、業務上過失致死傷容疑で捜査している。

 雪崩は積雪をかき分けて歩く「ラッセル」の訓練中に起きた。生徒らは午前7時半ごろ「那須温泉ファミリースキー場」第2ゲレンデ下部にあるロッジを出発。400〜500メートル登り、ゲレンデ上部のコースを外れた林の中で被害に遭った。

 救出された高校1年の男子生徒(16)は搬送先の病院で取材に応じ「気付いたら胸まで雪が来ていた。顔が出ていて助かったと思った」などと当時の状況を語った。

 雪の深さは腰まで体が埋もれるほどだった。ある救助隊員は雪の下から「おぉ…」とうめくような声を聞き、掘り起こすと生徒が見つかったという。消防車や救急車10台以上が止まった駐車場には、続々とケガ人を乗せた担架が運び込まれた。消防によると、歩行できない負傷者や、骨盤骨折などの重傷者もいるという。

 1963年から毎年続く伝統の「春山安全登山講習会」での事故。県高体連が25日から2泊3日の日程で、この日は茶臼岳(那須町)に登る予定だったが、大雪のため午前6時ごろに大田原高の教員が内容を変更した。

 講習会には大田原高のほか県立の那須清峰高、矢板東高、真岡女子高、真岡高、宇都宮高と私立の矢板中央高の生徒51人と教員11人が参加。大田原高は生徒12人と教員2人だった。うち雪崩に巻き込まれたのは、ラッセル訓練中の生徒40人と教員8人。残る14人は訓練に参加しなかった。5グループに分かれ、大田原高のグループが先頭だったという。

 気象庁の観測によると、那須町では27日午前1時現在0センチだった積雪が、午前9時現在で33センチを観測。宇都宮地方気象台は26日から雪崩注意報を出していた。

 引率教員が訓練中止を決断できなかった背景に、学校行事特有の事情があった可能性もある。栃木県教育委員会によると、県高体連は、5月に山に登るためにはこの講習を受ける必要があると各校に通知。5月の大会を目指す山岳部にとって事実上「必修」行事だった。

 部活動中の事故に詳しい名古屋大の内田良准教授は「集団活動は予定を変えづらく、多少状況が悪くても予定通り強行してしまう。講習会を中止する議論があったのだろうか」と疑問を投げ掛けた。

[ 2017年3月28日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス
      スペシャルコンテンツ