PR:

浜渦氏 豊洲密約を否定「水面下、東ガスが提案」、都議会百条委で証言

豊洲市場への移転問題を検証する東京都議会の百条委員会で、質問に答える浜渦武生元副知事
Photo By 共同

 豊洲市場への移転問題を検証する東京都議会の調査特別委員会(百条委員会)は19日、用地買収の交渉役だった浜渦武生元副知事(69)を証人喚問した。浜渦氏は、豊洲の地権者だった東京ガスとの間で「水面下交渉」があったとされる経緯について「『水面下』という言葉は東ガスから提案があった」と説明。「(株主対策などのため)個別に事務折衝しようという趣旨で、悪い言葉ではない」と主張し、密約などの存在は否定した。

 用地選定や交渉を巡る多くの疑問は解消されず、百条委は20日の石原慎太郎元知事の証人喚問でヤマ場を迎える。

 浜渦氏は石原氏の側近で、2000〜05年に副知事を務めた。都の交渉記録によると、00年10月、東ガスに「水面下でやりましょう」と打診したとされる。

 浜渦氏は喚問で、東ガスから「豊洲の整備開発計画を進め、株主らにも話していたのに、都が突然、市場を造るから協力しろと言ってももたない」と水面下の交渉を打診されたと説明。「交渉は先方の意向を忖度しないとうまくいかない。私は『水面下、結構です』と申し上げた」と話した。

 東ガスは当初、工場跡地は市場用地には適さないと難色を示していたが、浜渦氏が交渉を担当してから進展し、01年7月に基本合意に至った。

 浜渦氏は、土壌汚染があるのは承知していたとし「きれいにするのは東ガスの責任。しなければ都は買わないと伝えていた」と強調。「基本合意後に担当を外れ、その後の(土壌汚染対策や費用分担の)交渉は一切携わっていない。(担当者が)勝手なことをしてくれた」と語った。

 工場跡地を移転先に選んだ合理性を問われ「市場を豊洲に移すから、用地交渉をしろと言われた。どこが良いとか悪いとかの判断は私にはなかった」と述べた。

 浜渦氏の指示として、知事が豊洲の「安全宣言」をすることを条件に東ガスに早期決着を迫ったとみられる折衝メモが見つかったことは「内容を承知していないし、知事が安全宣言をできるわけがない」と否定した。

 東ガスの元幹部らは今月11日の喚問で「水面下という言葉を使った記憶はないが、実務家が決めていかないと前に進まないとの趣旨の話はした」などと述べていた。

[ 2017年3月19日 21:12 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス
      スペシャルコンテンツ