PR:

ポケGO死亡事故 運転被告に禁錮3年 被害者父「軽すぎる」

 愛知県一宮市で昨年10月、運転中にスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」をして小学4年則竹敬太君=当時(9)=をはね死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた会社員川合信右被告(36)に名古屋地裁一宮支部(村瀬賢裕裁判官)は8日、「過失は非常に悪質」とし、禁錮3年(求刑禁錮4年)の判決を言い渡した。村瀬裁判官は判決理由で「被告はスマホ画面に視線を移し約3秒間も前方不注視を続けた」と認定。

 敬太君の父親崇智さん(46)は判決後の記者会見で、実刑となったことは評価しつつ「一つの命を考えたときに禁錮3年は軽すぎるというのが率直な意見」と強調した。

[ 2017年3月9日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス
      スペシャルコンテンツ