PR:

大型クレーン車傾き電線に… 世田谷周辺一時停電、ケガ人なし

 8日午後0時半ごろ、東京都世田谷区三宿の都道拡張の工事現場で、大型クレーン車が右前方に傾き、約21・6メートルのアーム部が電線に引っ掛かった。ケガ人はいなかった。周辺では約1100世帯が一時停電したが、直後に約700世帯が復旧し、約3時間後には全面復旧した。警視庁世田谷署によると、50代の男性作業員がクレーン車でコンクリート片を地中の穴に移していたところ、車両を固定する「アウトリガー」と呼ばれる支柱の1本が地中に埋まり、傾いたという。電線とクレーン車は約10メートル離れていた。現場は東急田園都市線池尻大橋駅から北西約700メートルの住宅街。

[ 2017年3月9日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス
      スペシャルコンテンツ