PR:

ごみの撤去費用「10億円以上」国の見積もり前に財務省想定

 森友学園の豊中市の国有地のごみ撤去費用について、国が見積もったとする時期より約半年前に、財務省などが10億円以上の費用がかかると想定していたとするメモがあることが2日、分かった。民進党が業者側から入手したメモを明らかにした。

 国は、地下9・9メートルのごみを見込んで撤去費など8億円余りを2016年3月に算定したと説明。評価額の9億5600万円から差し引いて売却した。メモを入手した民進党衆院議員は「初めから10億円以上のごみが埋まっていると分かっていて、学園に土地を安く売るため、ごみ撤去費を値引きするシナリオを描いたのではないか」と指摘している。

[ 2017年3月3日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス
      スペシャルコンテンツ