PR:

日本将棋連盟、3理事解任 佐藤会長沈痛「前に進むしかない」

3理事の解任に困惑の表情を浮かべる佐藤康光会長
Photo By スポニチ

 日本将棋連盟は27日、東西の将棋会館で臨時の棋士総会を開催した。正会員234人中、委任状を含む216人が参加し、議題となっていた5理事の解任について投票を行い、青野照市専務理事(64)と中川大輔(48)、片上大輔両常務理事(35)の解任を可決した。東和男(61)、佐藤秀司(49)両常務理事の解任は否決された。

 昨年秋以降のコンピューターソフト不正使用疑惑問題に関連し、三浦弘行九段(43)に出場停止処分を下した当時の連盟執行部中、すでに辞任した谷川浩司前会長(54)、島朗前常務理事(54)を含め、計5人がトップの座から去ったことになる。

 この結果を受けて6日に就任したばかりの佐藤康光会長(47)は「正直分からない。会員の不満の部分が多くてこういうことになったのでは」と沈痛な面持ち。今後理事の補充などについては「これから決める。年度末でタイトになるが、前に向かって進むしかない」と話すにとどめた。第三者調査委で潔白が証明された三浦九段の名誉回復を含め、将棋界の混乱には終局が見えてこない。

[ 2017年2月28日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス
      スペシャルコンテンツ