PR:

金正男氏殺害 女2人を実行犯とほぼ断定

金正男氏殺害事件

 マレーシア警察は17日、逮捕した女の容疑者2人を立ち会わせ、クアラルンプール国際空港で実況見分を行った。2人を実行犯とほぼ断定、犯行を持ち掛けたとみられる男4人の行方を追っている。インドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(25)は男に100ドル(約1万1300円)でいたずらビデオへの出演を持ち掛けられたと供述。マレーシアメディアによると、警察はベトナム旅券を所持した女のバッグの中にあった猛毒入りの瓶を押収。毒物は猛毒のリシンか、フグ毒のテトロドトキシンの可能性がある。女2人は撮影のため何度もリハーサルをしたと説明しているという。共同電によると、警察は2人が4人組の男にだまされて、正男氏殺害を意図しないままに実行犯に仕立てられた可能性も排除できないとみている。

 マレーシア政府高官によると、在マレーシア北朝鮮大使館は正男氏の遺体の司法解剖に反対、火葬を要求。北朝鮮側が証拠隠滅を図ろうとしたとの見方が出ている。

[ 2017年2月18日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス
      スペシャルコンテンツ