PR:

安倍首相「韓国に誠意示してもらう」NHKで釜山の慰安婦像撤去求める

韓国・釜山の慰安婦少女像の撤去を求める意向を表明した安倍首相
Photo By スポニチ

 安倍晋三首相は8日放送のNHK番組で、韓国・釜山の日本総領事館前の慰安婦少女像設置に関し「韓国側にしっかりと誠意を示してもらわないといけない」と述べ、撤去を求める意向を表明した。慰安婦問題を巡る日韓合意について、朴槿恵政権が交代しても履行する必要があると指摘した。政府の対抗措置として長嶺安政・駐韓大使は9日に一時帰国する。

 日韓の懸案となっている少女像を巡り、首相が韓国側の対応を迫ったことで両国関係の冷却化が避けられない情勢が一層強まった。首相発言は6日に収録された。

 日韓両政府は2015年12月の合意で、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認。日本は韓国が設立する元慰安婦の支援財団に10億円を拠出し、韓国はソウルの日本大使館前に設置された少女像を巡り「適切に解決するよう努力する」とした。

 釜山の少女像は日本政府が抗議する中で、昨年12月30日に地元の市民団体によって設置された。政府の対抗措置は(1)長嶺大使と釜山総領事の一時帰国(2)金融危機時にドルなどを融通し合う「通貨交換(スワップ)協定」再開の協議中断(3)領事館職員の釜山市関連行事への参加見合わせ(4)日韓ハイレベル経済協議の延期――の4項目となる。

[ 2017年1月9日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス
      スペシャルコンテンツ