PR:

ポケモンGO 中高年のハートつかんだ理由 健康管理の“お供”に

好きな時間に好きな場所で、根詰めてプレーする必要がないのが魅力の1つ
Photo By スポニチ

 国内配信が7月22日に始まり、一大ブームとなったスマートフォンゲーム「ポケモンGO」。ポケモンが出やすい都市部の公園は、深夜もスマホを手に立ち尽くす人であふれるなど社会現象となった。ダウンロード数は、SNSアプリ「インスタグラム」を超える1740万人に達したとする調査もある。

 あれから5カ月。ブームは沈静化したようにみえる。だがスマホゲーム情報サイト「ファミ通App」の調べでは、今月2日時点のユーザー数は、ピークだった8月2日時点の85・3%。今も多くの人が楽しんでいる。

 同サイトの目黒輔編集長によると、ユーザー層は「中高年が多い印象がある」という。スマホのGPSを利用したゲームで、広い範囲を移動するほど有利な特性があり「プレーすることが、歩く理由付けになる」とユーザー心理を分析。これが運動不足に悩む中高年にウケたと推測している。

 実際ユーザーからは「1駅余分に歩いたら、ポケストップをたくさん回れた」「水辺には水ポケモンがいたりと楽しい。歩くのが苦でなくなる」などの声が上がる。ジョギングの際に使う人もいるという。運営する米ナイアンティック社は21日、世界中のプレーヤーによる総歩行距離が81億キロに達したと発表した。

 さらに目黒編集長は「簡単なゲームであることと、好きな時に楽しめて根を詰めてプレーする必要がないというのも中高年向け」と指摘する。確かに他のゲームに比べ、世界観や操作法は簡単だ。

 分かりやすく、わずかな時間で楽しめるのは中高年向け商品のヒットの法則。忙しい社会人も、駅から会社までのわずかな時間などに楽しめる。業界では「ゲームをダウンロードする人の裾野が広がった」と喜びの声が上がる。スマホゲームはアップデートが容易で、さらなる進化が予想される。“ご当地ポケモン”の投入や観光地との提携を望む声も強く、さらに多くの中高年をゲットする可能性を秘めている。

 ▼ポケモンGO 1996年から始まるゲーム、アニメなどのメディアミックス作品群「ポケットモンスター」のスマホ版ゲーム。プレーヤーは画面上で実際の地図上を歩き、ランダムに現れるポケモンを捕獲。他のプレーヤーとバトルもできる。GPSを利用した「位置情報ゲーム」の一つで、アイテムを入手できるポケストップは実在の建造物とリンクし、ポケモンごとに出やすい場所がある。立ち入り禁止の場所に侵入したり、車を運転しながら遊ぶなどの問題も起きている。

[ 2016年12月25日 09:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス
      スペシャルコンテンツ